明和8年の干ばつ

災害年月日
1771年05月14日
市町村
香川県観音寺市(豊浜町)
災害種類
渇水  
概要
明和8年(1771)4月1日から6月25日まで雨が降らず、6月になっても領内で田植えが終わったものはわずかに4%にすぎなかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新修豊浜町誌編さん委員会編「新修 豊浜町誌 資料編」(豊浜町、1998年)、100頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川472

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつ。冬期から降雨が少なく、植付期になっても降雨なく、各水利組合では会合を重ね、昼夜兼行で田植えの完了に努めた。7月20日頃... 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)、干ばつで、163日間雨が降らなかった。田植えができず、畑作に転換する者も出た。田植えした稲も立枯になるという状況であったが、その... 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)4月1日から6月25日まで降雨なく、田植えを終えたもの4割。(「三豊郡誌」による) 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、干ばつにより、田植えができなかった。川、湧井、池等全て涸渇した。 続きを読む

天明2年の暴風

天明2年(1782)5月4日~5日の大暴風により、田植えが終わった数千町歩の苗が流され、民家の倒壊・流失233戸、舟の破砕50隻という。さらに、6月1... 続きを読む