昭和27年の大雨

災害年月日
1952年07月02日
市町村
香川県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和27年(1952)7月2日~3日、梅雨前線の活動が活発になり、大雨により県下の各河川が増水した。特に土器川、吉田川等の増水が甚だしく、予讃線の端岡-国分、国分-鴨川間は徐行運転を行い、琴電の陶-滝宮間の道床が崩壊して不通となった。県下の被害は死者4人、負傷者4人、家屋の全壊5戸、半壊8戸、一部損壊12戸、床上浸水451戸、床下浸水3,202戸、田の流失・埋没119ha、冠水4,579ha、畑の流失・埋没3ha、冠水112ha、道路損壊55箇所、橋流失7箇所、堤防決壊18箇所、山崩れ71箇所等に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
豊浜町誌編集委員会編「豊浜町誌」(豊浜町、1974年)、1140頁及び1182頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 梅雨前線 琴電不通 死者 山崩れ
NO.
香川473

よく似た災害

昭和27年7月2日の大雨

昭和27年(1952)7月2日~3日、梅雨前線の活動が活発になり、県下の各河川が増水した。特に土器川、吉田川等の増水が甚だしく、予讃線の端岡-国分、国... 続きを読む

昭和40年の大雨

昭和40年(1965)9月13日~17日、西日本に停滞していた前線と台風24号が刺激して、四国地方は記録的な大雨となった。風害はほとんどなく、大雨のた... 続きを読む

昭和27年7月1日の大雨

昭和27年(1952)7月1日~3日、梅雨前線による大雨のため、県下の被害は家屋の全壊2戸、半壊1戸、床下浸水359戸、非住家9戸、田の流失・埋没1h... 続きを読む

昭和27年7月8日の大雨

昭和27年(1952)7月8日~11日、梅雨前線による大雨のため、県下の被害は死者14人、負傷者8人、行方不明2人、家屋の半壊36戸、流失6戸、床上浸... 続きを読む

昭和27年7月10日の大雨

昭和27年(1952)7月10日午後から11日朝にかけて、梅雨前線の活動が強まり、四国地方は多量の雨が降った。県下の被害は負傷者1人、家屋の半壊3戸、... 続きを読む