平成2年8月の強風

災害年月日
1990年08月23日
市町村
高知県大豊町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成2年(1990)8月23日、強風のため、八坂神社境内の国特別天然記念物「日本一の大杉」の枝2本が折れた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大豊町史編纂委員会編「大豊町史 現代編」(大豊町教育委員会、2014年)、368頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
強風 八坂神社 大杉
NO.
高知5506

よく似た災害

平成16年の台風18号

平成16年(2004)、台風18号により、県指定の天然記念物「長者の大銀杏」の大枝が折れた。また、この年仁淀村に襲来した一連の台風により国道3件、村道... 続きを読む

正徳3年の強風

正徳3年(1713)7月7日、強風により家屋倒壊、木が折れる。(「香川県政史年表」、「香川用水史」、白鳥町広報・資料による) 続きを読む

昭和52年3月の山火事

昭和52年(1977)3月12日14時15分頃、阿波町名東の岡、国指定天然記念物「阿波の土柱」波涛嶽の麓から出火、火は高歩頂山(標高200m)の中腹か... 続きを読む

昭和52年3月の山火事

昭和52年(1977)3月12日14時15分頃、阿波町名東の岡、国指定天然記念物「阿波の土柱」波涛嶽の麓から出火、火は高歩頂山(標高200m)の中腹か... 続きを読む

昭和10年6月の強風

昭和10年(1935)6月3日~4日、低気圧のため西日本一帯に強風が吹き、小豆島では家屋2棟が倒壊し、船舶3隻が流失、農作物が被害を受けた。(気象庁「... 続きを読む