平成16年の台風10号

災害年月日
2004年07月31日
市町村
高知県大豊町
災害種類
土砂災害  
概要
平成16年(2004)7月31日、台風10号により、嶺北地方は交通網が各所で寸断され、半ば陸の孤島と化した。大久保で国道32号が崩落したほか、和田と西峰で土砂崩れが相次ぎ、4戸が一部破損した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大豊町史編纂委員会編「大豊町史 現代編」(大豊町教育委員会、2014年)、370頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 土砂災害 国道32号 大久保 和田
NO.
高知5522

よく似た災害

平成4年8月の台風10号

平成4年(1992)8月8日、台風10号の影響により、大久保の徳島県境付近で道路脇の斜面が崩壊した。15日には、早朝の強い雨のため、大久保の国道32号... 続きを読む

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月29日17時過ぎ、台風21号は西讃地区を暴風圏内に巻き込み、19時頃に最接近した。17時~18時の時間雨量は五郷ダムで63ミ... 続きを読む

平成9年9月の土砂災害

平成9年(1997)9月17日、川井の国道439号で山肌の土砂が幅約50m、高さ40mにわたって崩落した。 続きを読む

平成9年の落石災害

平成9年(1997)4月10日早朝、一宇村の土釜地区で落石災害が発生した。この落石は標高510m付近を発生源とし、斜面長350m、平均幅20m、高低差... 続きを読む

明治8年5月の山火事

明治8年(1875)5月、下灘村大字大久保で失火による火災が発生し、山林1町5反歩が焼失した。 続きを読む