平成19年の台風4号

災害年月日
2007年07月15日
市町村
高知県大豊町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成19年(2007)7月15日、台風4号の影響で、県内各所で路面冠水や土砂崩れなどが相次ぎ、小川~角茂谷間が全面通行止めとなった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大豊町史編纂委員会編「大豊町史 現代編」(大豊町教育委員会、2014年)、371頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 土砂災害 国道32号 通行止め 小川
NO.
高知5524

よく似た災害

平成5年7月28日の豪雨

平成5年(1993)7月28日、記録的豪雨により、県内道路網が冠水や土砂崩れなどで寸断された。本町内も高須~徳島県山城町西宇と大豊町小川~角茂谷間が通... 続きを読む

平成5年の台風14号

平成5年(1993)9月7日~9日、台風14号により、総降水量の最大値は木頭で135ミリであった。徳島県では大きな被害はなかったが、8日~9日にフェリ... 続きを読む

平成9年6月の土砂災害

平成9年(1997)6月23日、町内西峰の国道439号(1車線)が長さ約25mにわたって崩壊し、全面通行止めとなった。 続きを読む

平成5年10月の土砂崩れ

平成5年(1993)10月9日夜8時過ぎ、西宇の国道32号で土砂崩壊、全面通行止めとなる。11月8日に片側通行が可能となった。 続きを読む

昭和63年の台風4号

昭和63年(1988)6月24日、台風4号の接近に伴い、国道55号が奈半利町竹ヶ谷と西分で山崩れにより、全面通行止めとなった。 続きを読む