平成14年の東土居の火災

災害年月日
2002年12月13日
市町村
高知県大豊町
災害種類
火災  
概要
平成14年(2002)12月13日午前4時過ぎ、東土居で民家や倉庫など計13棟、1,200㎡余を全焼する火災が発生した。けが人はなかったが、現場は豊永小学校(現大豊小学校)下の住宅密集地で、消防車や避難する住民たちで騒然となった。火元は住宅兼雑貨店の1階居間の可能性が高く、居間には火鉢が置いてあり失火と見られている。嶺北消防署のほか地元の消防団など約150人が出動し、豊永小学校のプールからも水を汲み上げて放水したが、火の勢いが強く、消し止めたのは約2時間半後であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大豊町史編纂委員会編「大豊町史 現代編」(大豊町教育委員会、2014年)、378-380頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 東土居 失火
NO.
高知5527

よく似た災害

平成10年4月の土砂災害

平成10年(1998)4月16日、国道439号の大平(東豊永小学校前)で高さ約60m、幅約50mにわたって崩壊した。土砂は道路を完全にふさぎ、道路下の... 続きを読む

昭和45年1月の火災

昭和45年(1970)1月25日午後1時頃、段の養鶏場裏山付近から出火、雑木林など約20haを焼いたが、消防団員らの必死の消防活動で午後4時頃消し止め... 続きを読む

昭和45年8月の火災

昭和45年(1970)8月28日午前0時20分頃、一条通1丁目から出火し、強風注意報下で民家3棟、倉庫が全焼、そのほかに3棟半焼、8世帯が焼き出される... 続きを読む

平成3年の火災

平成3年(1991)4月21日午後1時40分頃、小星の山林から出火、滝山・津山・井口地区の民家近くまで燃え広がり、滝山・津山地区では民家9戸に避難勧告... 続きを読む

昭和30年の火災

昭和30年(1955)1月26日午後6時、紺屋町から出火し、工務店ほか5棟全焼して、午後8時10分鎮火した。損害は家、材木で1,500万円。(中村市消... 続きを読む