昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
高知県日高村
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)、南海地震に起因する地盤沈下により、日下川流域の水害はますます深刻になった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
続・日高村史編纂委員会編「続 日高村史」(日高村教育委員会、2013年)、127頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 日下川
NO.
高知5537

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震に伴う地盤沈下により、日下川流域の水害はますます深刻となった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)、南海地震による地盤沈下のため、白鳥の松原は浸蝕され、東部の新川流域の耕地も低地と化し、海水が浸入するようになった。このため、流... 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月9日、台風18号により、那賀川流域の総降水量は250~400ミリとなった。古庄の水位は9日10時の5.70mがピークであった... 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)9月24日、前日来の風雨で、風浪はますますつのり、24日午前3時頃に北東の激浪が狂奔し、桟橋の動揺が最も激しくなった。長浜救難所... 続きを読む

昭和25年の台風

昭和25年(1950)9月2日夜、暴風雨はますます激しく豪雨を伴ったため、鳥の巣の婦人が丸山川に落ちて死亡した。 続きを読む