昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県日高村
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号による大洪水のため、未曽有の災害となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
続・日高村史編纂委員会編「続 日高村史」(日高村教育委員会、2013年)、127頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水
NO.
高知5540

よく似た災害

明治19年の豪雨

明治19年(1886)8月20日より21日にかけて豪雨により大出水となった。八田堰、鎌田堰の築造後すでに200年余を経過し、仁淀川の川底が著しく上昇し... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号により行方不明1名、龍宮橋流失。特に高野本川の氾濫により未曾有の災害となり、激甚災害の適用を受けた。 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風が九州、四国を横断し、死者213人、行方不明3人の被害を出した。佐川では稀有の大洪水となり、死者3人、家屋の全壊... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月10日、台風9号による洪水のため、肱川の流量は2,200立米/秒となった。 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月17日、台風24号による洪水のため、肱川の流量は2,900立米/秒となった。 続きを読む