昭和38年の台風9号

災害年月日
1963年08月09日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和38年(1963)8月9日、台風9号による大豪雨のため、大洪水が発生し、県内の死者・行方不明者が19人に及んだ。須崎市を含む県内15市町村に災害救助法が適用された。須崎市では雨量が400~600ミリ(8月8日~9日)に達し、新荘川、桜川が決壊した。須崎市の被害は罹災世帯448世帯、家屋の全半壊13戸、床上浸水192戸、床下浸水239戸、被害総額約2億2,000万円に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、241頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 新荘川 桜川 災害救助法
NO.
高知5544

よく似た災害

昭和45年の台風10号(土佐湾台風)

昭和45年(1970)8月21日午前8時過ぎ、台風10号(土佐湾台風)が幡多郡に上陸した。最大風速46mを記録し、高知地方気象台開設以来最大といわれる... 続きを読む

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月24日~25日、台風20号が愛媛県西部に上陸後、県境を北東進した。須崎市では24日午後10時頃から風勢が増した。須崎市の被害... 続きを読む

昭和43年の台風10号

昭和43年(1968)8月29日、台風10号が薩摩半島に上陸し、豊後水道から瀬戸内を北東進した。県下全域に1時間に30~50ミリの強雨となり、中・東部... 続きを読む

昭和52年の台風7号

昭和52年(1977)8月25日、台風7号が九州南部を横断し、足摺西南西海上で停滞して熱帯低気圧となった。須崎市では新荘川の支流の依包川の水位が上昇し... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日8時50分、台風5号は宿毛市付近に上陸した。須崎市付近では17日昼頃から雨勢が強まり、降水量は降り始めから午後4時まで... 続きを読む