昭和43年の台風10号

災害年月日
1968年08月29日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和43年(1968)8月29日、台風10号が鹿児島県に上陸後、豊後水道を北東進した。県中・東部の山間部で雨量が600ミリに達し、県内の死者・行方不明者は4人に及んだ。須崎付近の雨量は800~1000ミリ(8月12日~24日)となり、床上浸水39戸、床下浸水265戸の被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、242頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨
NO.
高知5549

よく似た災害

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、雨量は長者で607ミリ、池川で432ミリとなり、仁淀川は大洪水となった。県内の死者・行方不明者は17... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、猛烈な台風が枕崎に上陸し、米子に抜けた。雨量は長者で607ミリ、池川で432ミリに達し、大洪水となった。県内の死者・... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号による大豪雨のため、大洪水が発生し、県内の死者・行方不明者が19人に及んだ。須崎市を含む県内15市町村に災害救... 続きを読む

昭和45年の台風10号(土佐湾台風)

昭和45年(1970)8月21日午前8時過ぎ、台風10号(土佐湾台風)が幡多郡に上陸した。最大風速46mを記録し、高知地方気象台開設以来最大といわれる... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利町に上陸して、徳島を通り阪神方面に抜けた。高知県内の死者・行方不明者122人、傷者508人に及んだ。 続きを読む