昭和48年の台風6号

災害年月日
1973年07月25日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和48年(1973)7月21日、台風6号が室戸岬に接近後、九州西南海上から逆戻りして25~26日に再び四国を東進したため、本県西部地域は豪雨となった。須崎市の雨量は336ミリ(26日午前3時30分~午後2時)に達し、国道56号栄町付近で冠水した。須崎市の被害は床上浸水5戸、床下浸水114戸、田畑の冠水150町歩のほか、浦ノ内湾で養殖ハマチが死滅(損害額約3億円)し、農作物や公共土木施設の被害額が9,000万円に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、243頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 国道56号
NO.
高知5556

よく似た災害

昭和45年9月の集中豪雨

昭和45年(1970)9月21日、須崎市を中心に局地的な集中豪雨となった。須崎市の雨量は210ミリとなり、床上浸水30戸、床下浸水370戸の被害が出た... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風が襲来した。小松島市の被害は、家屋の全壊1戸、半壊22戸、大破9戸、床上浸水200戸、床下浸水352戸、... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号による大豪雨のため、大洪水が発生し、県内の死者・行方不明者が19人に及んだ。須崎市を含む県内15市町村に災害救... 続きを読む

昭和57年の台風19号

昭和57年(1982)9月24日、台風19号により、床下浸水1棟のほか、道路、河川、農林業施設及び農作物に被害が出た。被害額は1億6,400万円に達し... 続きを読む

昭和41年8月の大雨

昭和41年(1966)8月、台風13号(12~16日)、熱帯低気圧(17~21日)、台風15号(22~25日)の連鎖によって2週間連続の大雨となった。... 続きを読む