昭和59年10月の大雨

災害年月日
1984年10月16日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和59年(1984)10月15日夜から16日夕にかけて、高知県西部を中心に局地的大雨に見舞われた。須崎市では新荘川と桜川が増水し、濁流は堤防を越え、新荘、吾桑地区のビニールハウス地帯に流れ込んだ。また、妙見町、山手町の住家11戸が床下浸水となった。須崎市の被害は、床下浸水20戸、ビニールハウスなど田畑の冠水130ha、市道損壊4箇所、河川堤防被害6箇所、がけ崩れ5箇所に及び、被害額は農産物2億7,800万円、公共土木施設3,530万円、農林水産施設510万円にのぼった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、248-249頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 新荘川 桜川
NO.
高知5565

よく似た災害

昭和60年の竜巻

昭和60年(1985)10月5日午後6時40分、新居地区のビニールハウス地帯を幅100m、長さ500mにわたって、竜巻が走り抜けた。ビニールハウスが全... 続きを読む

昭和59年の大雪

昭和59年(1984)1月30日~31日、大雪により、ビニールハウスの破壊、農作物に被害発生。被害額891万円余。(小松町役場資料による) 続きを読む

昭和58年2月の大雪

昭和58年(1983)2月19日、冬型の気圧配置のため大雪となり、ビニールハウス等に被害が出た。(愛媛県災害年表) 続きを読む

昭和59年1月の大雪

昭和59年(1984)1月30日~31日、大雪により、ビニールハウスが壊れ、農作物に被害が発生。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

昭和59年10月の大雨

昭和59年(1984)10月16日、低気圧を含む気圧の谷が通過したため、県下では仁淀川沿いと四万十川上流で局地的に強い雨が降り、特に須崎市では16日午... 続きを読む