昭和61年7月の豪雨

災害年月日
1986年07月04日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和61年(1986)7月11日~13日、梅雨前線の活動が活発化し、高知県中部、東部及び西部の山間部を中心に雷を伴う大雨となった。須崎市では11日に最大1時間雨量50ミリを記録し、5日~17日の積算雨量は287ミリに達した。被害は農地6件、農業用施設43件、河川16箇所、海岸2箇所、砂防2箇所、道路32箇所に及び、被害額は1億7,937万円に達した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、249頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
梅雨前線 大雨
NO.
高知5568

よく似た災害

昭和40年9月の豪雨

昭和40年(1965)9月14日昼過ぎから、室戸岬方面で前線豪雨となり、強雨域は西に進行した。15日午後2時、池川町では1時間雨量が50ミリを越したた... 続きを読む

昭和9年10月の豪雨

昭和9年(1934)10月24日、東シナ海低気圧が発達しながら北東進し、土佐清水では日雨量433ミリ、24日3時~4時の時間雨量95ミリの豪雨を記録し... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月15日~16日、台風5号により、高知県の被害は死者72人、床上浸水12,564戸に及んだ。時間雨量は119ミリに達した。 続きを読む

平成5年の台風7号

平成5年(1993)8月8日明け方から、台風7号により雨が降り出し、桜谷で時間雨量73ミリ、総雨量は400~800ミリに達した。古庄では、最大流量は1... 続きを読む

昭和19年の豪雨

昭和19年(1944)10月17日、二つ玉低気圧が通過し、全域で大雨になった。特に渭南地区では豪雨が続き、16日から18日にかけて清水の総雨量が597... 続きを読む