正徳元年11月の津波

災害年月日
1711年12月00日
市町村
香川県東讃地域
災害種類
地震・津波  
概要
正徳元年(1711)11月、東讃で津波が起こり、人々は山に逃げた。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
豊浜町誌編集委員会編「豊浜町誌」(豊浜町、1974年)、1165頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
津波 避難
NO.
香川532

よく似た災害

正徳元年の地震

正徳元年(1711)、大地震のため、倒壊家屋1,073軒、死者千人余に及んだ。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等によ... 続きを読む

寛保元年の風雨

寛保元年(1741)7月22日~23日、大風雨。東讃で民家2千戸倒壊。藩主、倹約令を出した。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気... 続きを読む

正嘉2年の台風

正嘉2年(1258)8月1日~2日、大風、洪水。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による) 続きを読む

享保4年の干ばつ

享保4年(1719)6月から7月にかけて、西讃で干ばつ。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による) 続きを読む

正徳2年の干ばつ

正徳2年(1712)夏、旱天が70日余続いた。一夜庵の俳人百花が降雨を祈った。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等によ... 続きを読む