昭和49年6月の大雨

災害年月日
1974年06月17日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和49年(1974)6月17日、東シナ海にあった低気圧が発達しながら日本海を東進し、これに伴って南下していた梅雨前線が北上して県下は大雨となった。東祖谷山村、西祖谷山村など山間部を中心に土砂崩れ、道路損壊が相次いだ。日降水量は京上192ミリ、福原旭168ミリであった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、200頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 梅雨前線 東祖谷山村 西祖谷山村 土砂崩れ
NO.
徳島7616

よく似た災害

昭和49年6月の大雨

昭和49年(1974)6月17日、東シナ海にあった低気圧が発達しながら日本海を東進し、これに伴って南下していた梅雨前線が北上して県下は大雨となった。東... 続きを読む

昭和49年6月の大雨

昭和49年(1974)6月17日、東シナ海にあった低気圧が発達しながら日本海を東進し、これに伴って南下していた梅雨前線が北上して県下は大雨となった。東... 続きを読む

平成17年1月の大雪

平成17年(2005)1月31日~2月2日、徳島県では山地を中心に大雪となり、県下全域で厳しい冷え込みとなった。徳島市では1日9時に1cmの積雪を観測... 続きを読む

平成10年6月の大雨

平成10年(1998)6月24日~27日、梅雨前線が北上し、県南部を中心に大雨となった。24日~26日の総降水量は宍喰で416ミリ、東祖谷山村京上で3... 続きを読む

平成11年6月の大雨

平成11年(1999)6月29日~30日、梅雨前線上に発生した低気圧の影響により、徳島県では山地を中心に大雨となった。29日~30日の総降水量は東祖谷... 続きを読む