大正7年の洪水

災害年月日
1918年09月14日
市町村
香川県綾川町(綾上町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正7年(1918)9月14日、大洪水により、山田下天神の堤防数十間をはじめ1,800間、ため池10数箇所の欠損、住家6戸流失、仲代から西の道路はもちろん水田一帯が冠水、家屋が浸水し、救助60余人に及んだ。また、羽床上では山崩れのため、家屋倒壊による圧死3人、流失家屋7戸、半壊12戸、里道11箇所、橋梁流失2箇所、荒蕪地田16町余歩、収穫予想5,306石に対し減収1,518石の被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
綾上町教育委員会編「綾上町誌」(綾上町、1995年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 山田 羽床上 山崩れ 死者
NO.
香川715

よく似た災害

大正7年9月の風水害

大正7年(1918)9月14日の風水害により、死者17人、行方不明4人、負傷者4人、河川決壊226箇所、河川破損8箇所、道路決壊112箇所、橋梁破損3... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月24日、暴風雨により、中庄山路で山崩れのため、家屋の全半壊155戸、死者1人の被害が出た。(曽我部房一談による) 続きを読む

享和4年の洪水

享和4年(1804)7月、流失家屋175軒、溺死3人。8月家屋倒壊172軒、死者14人、死午牛18頭。この年の損毛70,329石、吉田領の損毛田畑合計... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日の台風により、大月町では竜ヶ迫18名、弘見1名の合計19名の死者を出した。竜ヶ迫で多数の犠牲が出たのは、真夜中に山崩れの... 続きを読む

大正4年9月の台風

大正4年(1915)9月8日~9日、台風により、暴風と高潮の被害が出た。暴風は県東部で強かった。大川郡南東部では稲田の損害が甚だしく、小海村(引田町)... 続きを読む