文化13年の風雨

災害年月日
1816年09月24日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
文化13年(1816)閏8月3日、荒潮打ち込み、稲大半立枯れ。(「板野郡誌」による)/大水、大風。(石井町「元木文書」による)/秋度々風雨、出水にて御地高163,212石余御損亡、流死男9人、淡州御地高25石余損亡。(「徳島県史料年表」による)
Googleマップ
備考
「元木文書」は名西郡高原村の元木家文書で、1816年~1854年の記録あり。
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、27頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 板野郡誌 元木文書 徳島県史料年表
NO.
徳島7808

よく似た災害

文化13年の風雨

文化13年(1816)閏8月3日、荒潮打ち込み、稲大半立枯れ。(「板野郡誌」による)/大水、大風。(石井町「元木文書」による)/秋度々風雨、出水にて御... 続きを読む

文化13年の風雨

文化13年(1816)閏8月3日、荒潮打ち込み、稲大半立枯れ。(「板野郡誌」による)/大水、大風。(石井町「元木文書」による)/秋度々風雨、出水にて御... 続きを読む

文化13年閏8月の風雨

文化13年(1816)閏8月3日、風雨、出水。/当秋、度々風雨、出水にて、御地高63,212石余御損亡、流死男9人。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む

文化4年の風雨

文化4年(1807)、お国風雨、虫刺等にて御地高87,598石余損毛。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

文化4年の風雨

文化4年(1807)、お国風雨、虫刺等にて御地高87,598石余損毛。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む