昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年08月00日
市町村
香川県丸亀市
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)8月、大旱害により、高津、中原、川古、西村等は収穫皆無となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土器村史編集委員会編「土器村史」(土器村史編集委員会、1954年)、307頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 高津 中原 川古 西村
NO.
香川755

よく似た災害

明治33年の洪水

明治33年(1900)8月23日~26日の吉野川の洪水により、陸稲60町歩は半作、稲・大豆・小豆・粟は収穫皆無となった。(栄村役場「水害に関する書類」... 続きを読む

昭和19年の干ばつ

昭和19年(1944)7月~8月、干天、少雨のため、農作物の被害が多く出た。作付不能の田畑が多く、小海村の別惣地区の田畑は収穫皆無となった。(香川県、... 続きを読む

天保7年の洪水

天保7年(1836)夏、霖雨が長く続いた後、大出水があり、田畑は流れ、農作物は収穫皆無となった。 続きを読む

天保4年の長雨

天保4年(1833)、長雨が降り続き、その上害虫が発生して稲作と雑穀は収穫皆無となった。 続きを読む

大正11年の干ばつ

大正11年(1922)、干ばつのため、一宮村、三名村、鹿角村の三か村のほとんどの水田が収穫皆無となった。 続きを読む