明治16年の風雨

災害年月日
1883年09月11日
市町村
徳島県美馬郡
災害種類
風水害  
概要
明治16年(1883)9月11日~12日、風雨強く、中晩稲は少々害を被りたりども他の農産物は概して害を被らず。美馬郡よりの報によれば、稲作は2分、雑穀類は1分、甘藷芋塊は2分、蕎麦は1分通。潤雨のために蘇生せり。(「日本気象史料-徳島県報告官報」による)
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、43-44頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 日本気象史料
NO.
徳島7880

よく似た災害

明治16年の風雨

明治16年(1883)9月11日~12日、風雨強く、中晩稲は少々害を被りたりども他の農産物は概して害を被らず。美馬郡よりの報によれば、稲作は2分、雑穀... 続きを読む

明治16年の風雨

明治16年(1883)9月11日~12日、風雨強く、中晩稲は少々害を被りたりども他の農産物は概して害を被らず。美馬郡よりの報によれば、稲作は2分、雑穀... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)3月から5月にかけて70日にわたって長雨が続き、麦や菜種の収穫に大打撃を与えたほか、雑穀類は生育不良で種子もとれぬ位の状態であっ... 続きを読む

明治36年の多雨

明治36年(1903)3月~5月、多雨のため、麦類は記録的な凶作となった。 続きを読む

明治36年の多雨

明治36年(1903)3月~5月、多雨のため、麦類は記録的な凶作となった。 続きを読む