明治18年の旋風

災害年月日
1885年09月06日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
風水害  
概要
明治18年(1885)9月6日午前10時頃、那賀郡中林村沖合に旋風が起こり、漁船3艘を巻き上げて10間余の高処の松原に落とし、才見、日開野、西路見、芥原、中島諸村を通り、那賀川の高瀬船を2間余の所に巻き上げた。その途中、民家を破壊すること10数戸、大樹を倒したものも少なくない。(「日本気象資料-摘要類函抄」による)
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、45頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
旋風 漁船 高瀬船 摘要類函抄
NO.
徳島7886

よく似た災害

明治18年の旋風

明治18年(1885)9月6日午前10時頃、那賀郡中林村沖合に旋風が起こり、漁船3艘を巻き上げて10間余の高処の松原に落とし、才見、日開野、西路見、芥... 続きを読む

明治18年の旋風

明治18年(1885)9月6日午前10時頃、那賀郡中林村沖合に旋風が起こり、漁船3艘を巻き上げて10間余の高処の松原に落とし、才見、日開野、西路見、芥... 続きを読む

文化7年の旋風

文化7年(1810)9月8日、ツムジ(旋風)が西堀端より起こり、瓦粉巻き上げられる。(「松山叢談」による) 続きを読む

文化7年の旋風

文化7年(1810)9月8日、旋風が西堀端より起こり、瓦粉が巻き上げられた。(「日本気象史料(松山市史)」による) 続きを読む

明治18年の旋風

明治18年(1885)9月6日、中林沖に旋風が発生、民家破壊。(「徳島県災異誌」、「徳島県警察史」による) 続きを読む