明治32年の降雹

災害年月日
1899年05月13日
市町村
徳島県那賀町(木頭村)
災害種類
その他(ひょう)  
概要
明治32年(1899)5月13日、ひょうのため、麦種代もなし、翌日黄砂、太陽赤く朝夕甚だし。(木頭村「岡田日記」による)/海川木頭大雹。(「諸事誌留簿」による)
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、51頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
降雹 岡田日記 諸事誌留簿
NO.
徳島7900

よく似た災害

明治32年の降雹

明治32年(1899)5月13日、ひょうのため、麦種代もなし、翌日黄砂、太陽赤く朝夕甚だし。(木頭村「岡田日記」による)/海川木頭大雹。(「諸事誌留簿... 続きを読む

明治32年の降雹

明治32年(1899)5月13日、ひょうのため、麦種代もなし、翌日黄砂、太陽赤く朝夕甚だし。(木頭村「岡田日記」による)/海川木頭大雹。(「諸事誌留簿... 続きを読む

享保3年の降雹

享保3年(1718)5月4日、霜降り、寒気甚だしく、牛馬2,200余り死す。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む

明治15年の降雹

明治15年(1882)5月、徳島県等で大雹降り、耕作物を害すること多かった。 続きを読む

寛文元年の降雹

寛文元年(1661)夏、大雹降る。(「庄屋記録」、「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む