明治33年の台風

災害年月日
1900年09月28日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
明治33年(1900)9月28日朝、大型台風が四国沖を高速度で通過した。県内では中部以北海岸で雨量が多く200ミリを越え、徳島では総雨量216.5ミリ、富岡では320ミリを記録した。短時間の降雨だったため、各地で多少の被害を見たようである。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、53頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨
NO.
徳島7905

よく似た災害

明治33年の台風

明治33年(1900)9月28日朝、大型台風が四国沖を高速度で通過した。県内では中部以北海岸で雨量が多く200ミリを越え、徳島では総雨量216.5ミリ... 続きを読む

明治33年の台風

明治33年(1900)9月28日朝、大型台風が四国沖を高速度で通過した。県内では中部以北海岸で雨量が多く200ミリを越え、徳島では総雨量216.5ミリ... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号により、渡川、仁淀川、物部川で計画高水位を突破、渡川支川後川3箇所で破堤した。東津野村では総雨量1,000ミリ... 続きを読む

明治41年8月の豪雨

明治41年(1908)8月10日、豪雨により、雨量100ミリを記録。南予では短時間に強雨となり、水害甚大。(「愛媛県史」による) 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月7日~9日、台風18号による降雨のため、総雨量は吉野川上流長沢で318ミリ、早明浦で560ミリ、谷道で350ミリ、柳瀬で32... 続きを読む