明治35年8月の台風

災害年月日
1902年08月10日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  
概要
明治35年(1902)8月10日14時、台風が熊本に上陸し、鳥取付近を経て日本海に抜けた。剣山周辺の雨量は300ミリに達し、吉野川流域では8月初めから中頃までほとんど休むことなく降り続き、かなりの洪水被害を出した模様である。死傷者、流失・埋没・全潰戸に対して御下賜金並びに慈善義捐金が出た。(「板野郡誌」による)
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、55頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 吉野川 洪水 死者 板野郡誌
NO.
徳島7908

よく似た災害

明治35年8月の台風

明治35年(1902)8月10日14時、台風が熊本に上陸し、鳥取付近を経て日本海に抜けた。剣山周辺の雨量は300ミリに達し、吉野川流域では8月初めから... 続きを読む

明治35年8月の台風

明治35年(1902)8月10日14時、台風が熊本に上陸し、鳥取付近を経て日本海に抜けた。剣山周辺の雨量は300ミリに達し、吉野川流域では8月初めから... 続きを読む

徳治2年の洪水

徳治2年(1307)、那賀川の大洪水で和食の満宝寺の伽藍と本尊が流出した。その後、13年経って僧性弁が再興したことを記した薬師如来の裏板文が無量院に残... 続きを読む

明治43年の台風

明治43年(1910)9月7日夕方、台風が天草島から上陸し、瀬戸内を通った。高知県での降雨は3日~8日、5、6日に集中し、各日100~200ミリを記録... 続きを読む

大正10年の地震

大正10年(1921)9月6日2時59分、大分県佐伯付近でM5.7の地震が発生した。数日前からの降雨で弛緩した崖が崩れる被害があった模様である。 続きを読む