明治38年の大雨

災害年月日
1905年08月16日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
明治38年(1905)8月16日、山岳方面で300ミリを越す大雨があり(川井371ミリ、坂州336ミリ、下分上山307ミリ)、諸川出水した。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水
NO.
徳島7914

よく似た災害

明治38年の大雨

明治38年(1905)8月16日、山岳方面で300ミリを越す大雨があり(川井371ミリ、坂州336ミリ、下分上山307ミリ)、諸川出水した。 続きを読む

明治38年の大雨

明治38年(1905)8月16日、山岳方面で300ミリを越す大雨があり(川井371ミリ、坂州336ミリ、下分上山307ミリ)、諸川出水した。 続きを読む

明治29年9月の大雨

明治29年(1896)9月4日、前線による大雨があった。県内の4日の雨量は上野尻470ミリ、大栃267ミリ、高知265ミリ、桑尾211ミリを記録した。... 続きを読む

昭和30年6月の大雨

昭和30年(1955)6月18日~19日、梅雨前線による雨量は松山、大洲地方で多く、山岳部では山崩れがあり、各河川は増水した。肱川は満潮時に合致したた... 続きを読む

昭和29年2月の大雨

昭和29年(1954)2月26日~27日、発達した低気圧が日本海を東北東に進んだことにより大雨が降った。天坪では26日112ミリ、27日123ミリの降... 続きを読む