明治40年の大雪

災害年月日
1907年02月10日
市町村
徳島県
災害種類
雪害  
概要
明治40年(1907)2月10日~11日、東シナ海低気圧が四国沖合を通過したため大雪となり(半田70cm)、農作物に多少の被害が出た。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、57頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 東シナ海低気圧
NO.
徳島7915

よく似た災害

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日~11日、東シナ海低気圧が四国沖合を通過したため大雪となり(半田70cm)、農作物に多少の被害が出た。 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日~11日、東シナ海低気圧が四国沖合を通過したため大雪となり(半田70cm)、農作物に多少の被害が出た。 続きを読む

昭和44年3月の大雪

昭和44年(1969)3月12日~13日、台湾付近に発生した低気圧が急速に発達しながら四国沖を通ったため大雪となった。交通網が乱れるとともに、ビニール... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月、大雪のため、中野付近の平地で2尺以上の積雪となり、山林農作物の被害甚大。 続きを読む

昭和58年2月の大雪

昭和58年(1983)2月19日、冬型の気圧配置のため大雪となり、ビニールハウス等に被害が出た。(愛媛県災害年表) 続きを読む