明治40年8月の大雨

災害年月日
1907年08月23日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
明治40年(1907)8月23日~25日、四国沖に停滞した熱帯低気圧により大雨となり、徳島では8月の日雨量としては第2位記録を作り、多少の被害を出した。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、57頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 熱帯低気圧
NO.
徳島7916

よく似た災害

明治40年8月の大雨

明治40年(1907)8月23日~25日、四国沖に停滞した熱帯低気圧により大雨となり、徳島では8月の日雨量としては第2位記録を作り、多少の被害を出した... 続きを読む

明治40年8月の大雨

明治40年(1907)8月23日~25日、四国沖に停滞した熱帯低気圧により大雨となり、徳島では8月の日雨量としては第2位記録を作り、多少の被害を出した... 続きを読む

昭和35年の大雨

昭和35年(1960)6月21日~22日、低気圧及び梅雨前線により、大雨となった。県下最大日雨量は21日に宇和で206ミリであった。中予、南予に被害が... 続きを読む

昭和29年の大雨

昭和29年(1954)6月と7月の2回にわたる大雨は、大正12年以来の雨量で、人的・物的に大被害を出した。 続きを読む

明治42年の地震

明治42年(1909)11月10日15時14分、足摺岬南方でM7.9の日向灘としては最大級の地震が発生した。宮崎市付近の被害が大きく、大分県以南の九州... 続きを読む