大正10年の梅雨

災害年月日
1921年06月11日
市町村
徳島県
災害種類
その他(長雨)  
概要
大正10年(1921)6月11日から21日まで連続降雨、24日から30日まで連続して100~200ミリ降り、7月1日~2日に100ミリ程度の雨を見た。加えて極度の低温、少照により、麦作は大正3年につぐ不作となった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、68頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 低温 少照 不作
NO.
徳島7933

よく似た災害

大正10年の梅雨

大正10年(1921)6月11日から21日まで連続降雨、24日から30日まで連続して100~200ミリ降り、7月1日~2日に100ミリ程度の雨を見た。... 続きを読む

大正10年の梅雨

大正10年(1921)6月11日から21日まで連続降雨、24日から30日まで連続して100~200ミリ降り、7月1日~2日に100ミリ程度の雨を見た。... 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)8月、干天が続いた。その後15日から25日まで連続的な微雨となったが、雨量は月合計で30~70ミリ、徳島では14ミリに過ぎなかっ... 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)8月、干天が続いた。その後15日から25日まで連続的な微雨となったが、雨量は月合計で30~70ミリ、徳島では14ミリに過ぎなかっ... 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)8月、干天が続いた。その後15日から25日まで連続的な微雨となったが、雨量は月合計で30~70ミリ、徳島では14ミリに過ぎなかっ... 続きを読む