昭和6年6月の大雨

災害年月日
1931年06月12日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和6年(1931)6月12日、二つ玉低気圧の通過による大雨で、特に那賀川上流で雨量は100~200ミリとなり、橋の流出・損傷や浸水家屋が出た。なお、吉野川筋では河口付近を除き、ほとんど降らなかった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、73頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 二つ玉低気圧 那賀川
NO.
徳島7944

よく似た災害

昭和6年6月の大雨

昭和6年(1931)6月12日、二つ玉低気圧の通過による大雨で、特に那賀川上流で雨量は100~200ミリとなり、橋の流出・損傷や浸水家屋が出た。なお、... 続きを読む

昭和6年6月の大雨

昭和6年(1931)6月12日、二つ玉低気圧の通過による大雨で、特に那賀川上流で雨量は100~200ミリとなり、橋の流出・損傷や浸水家屋が出た。なお、... 続きを読む

昭和6年6月の大雨

昭和6年(1931)6月、低気圧の通過による大雨が特に那賀川上流に多く集中し、橋の流出・損傷や浸水家屋が出た。(「徳島県災異誌」、「水害統計」、「那賀... 続きを読む

昭和6年6月の大雨

昭和6年(1931)6月、低気圧の通過による大雨が特に那賀川上流に多く集中し、橋の流出・損傷や浸水家屋が出た。(「徳島県災異誌」、「水害統計」、「那賀... 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)8月30日、暴風雨により、一条村では洪水が吉野川筋で1丈5尺、宮川内谷川筋で8尺余となり、流死1人、潰家屋10棟、半潰家屋5棟、... 続きを読む