昭和8年5月の風雨

災害年月日
1933年05月03日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
風水害  
概要
昭和8年(1933)5月3日、低気圧が日本海に進行した。総雨量は県南の山地で200ミリ程度(朴野250ミリ)、県北は少なかった(徳島30ミリ)。名東郡新居村では鉄橋の一部破損により溺死1人の被害が出た。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、75頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 低気圧 新居村 溺死
NO.
徳島7951

よく似た災害

昭和8年5月の風雨

昭和8年(1933)5月3日、低気圧が日本海に進行した。総雨量は県南の山地で200ミリ程度(朴野250ミリ)、県北は少なかった(徳島30ミリ)。名東郡... 続きを読む

昭和8年5月の風雨

昭和8年(1933)5月3日、低気圧が日本海に進行した。総雨量は県南の山地で200ミリ程度(朴野250ミリ)、県北は少なかった(徳島30ミリ)。名東郡... 続きを読む

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)、具同の高水位12.07m、水は鉄橋の橋台を洗う。中村は築地の一部を除きすべて浸水、入田堤防が切れ、有岡・山田方面まで逆流、大被... 続きを読む

元禄16年の風雨

元禄16年(1703)、大風雨、洪水。(「徳島年表」、「名東郡史」による) 続きを読む

元禄16年の風雨

元禄16年(1703)、大風雨、洪水。(「徳島年表」、「名東郡史」による) 続きを読む