昭和10年6月の大雨

災害年月日
1935年06月27日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)6月27日から29日まで大雨が続き、多雨域では各日200ミリ前後を観測して、洪水警報を出すほどであった。被害は田畑3,500町、死者1人、負傷者1人、住家半壊1戸、非住家全壊10戸、道路5箇所、西祖谷山村で300坪決壊、那賀川で木材流失300万才、善入寺島、板野郡の低地、川内村等で浸水などに及んだ。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、79頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水警報 死者
NO.
徳島7962

よく似た災害

昭和10年6月の大雨

昭和10年(1935)6月27日から29日まで大雨が続き、多雨域では各日200ミリ前後を観測して、洪水警報を出すほどであった。被害は田畑3,500町、... 続きを読む

昭和10年6月の大雨

昭和10年(1935)6月27日から29日まで大雨が続き、多雨域では各日200ミリ前後を観測して、洪水警報を出すほどであった。被害は田畑3,500町、... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日~15日、ルース台風(台風15号)により、三好郡の山狭地帯、特に山城谷、祖谷などでは突風があり、住家の倒壊、人の死傷... 続きを読む

平成7年7月2日の大雨

平成7年(1995)7月2日~5日、停滞前線により、強い雨が降った。総降水量の最大値は東祖谷山村京上で362ミリ、日降水量は木頭で4日に143ミリを観... 続きを読む

平成7年7月2日の大雨

平成7年(1995)7月2日~5日、停滞前線により、強い雨が降った。総降水量の最大値は東祖谷山村京上で362ミリ、日降水量は木頭で4日に143ミリを観... 続きを読む