昭和10年8月の台風

災害年月日
1935年08月28日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)8月28日15時、台風が宇和島南方に上陸し、29日朝、神戸方面に抜けた。徳島県では26日から山地の降雨が始まり、28日に200~400ミリの豪雨となり、水害を起こした。被害は死者2人、負傷者1人、行方不明3人、家の全壊16戸、半壊29戸、浸水6,081戸、橋の流失10箇所、破壊18箇所、堤防決壊25箇所、道路39箇所、田畑の流失・浸水9,528町、水稲皆無131町、5割以上減収958町に及んだ。最大被害は那賀郡で、全体の24%を占めた。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、79頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 堤防決壊
NO.
徳島7963

よく似た災害

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号により、降雨量は四万十川上流で900ミリを越し、佐岡・古津賀地区の堤防が決壊した。中村市での被害は、死者1名、... 続きを読む

昭和10年8月の台風

昭和10年(1935)8月28日15時、台風が宇和島南方に上陸し、29日朝、神戸方面に抜けた。徳島県では26日から山地の降雨が始まり、28日に200~... 続きを読む

昭和10年8月の台風

昭和10年(1935)8月28日15時、台風が宇和島南方に上陸し、29日朝、神戸方面に抜けた。徳島県では26日から山地の降雨が始まり、28日に200~... 続きを読む

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月16日~19日の台風14号により、県下の被害は死者4人、負傷者7人、家屋の全壊12戸、半壊8戸、流失1戸、床上浸水127戸、... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、雨量315ミリを記録。県下の被害は死傷者21人、家の全壊35戸、半壊88戸、流失35戸、堤防決壊... 続きを読む