昭和17年8月の台風

災害年月日
1942年08月27日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和17年(1942)8月27日、台風が九州西方近海から長崎県北西部をかすめて日本海に入った。26日~28日に大雨があり、引き続き小台風が31日高知付近から高松に抜けたため31日まで雨天が続いた。久しく旱天が続いたため、大被害にはならなかったが、被害は家の全壊12戸、半壊23戸、浸水13戸、橋の流失2箇所、破損3箇所、堤防の決壊3箇所、破損2箇所、道路18箇所、果物1~3割減収。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、87-88頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨
NO.
徳島7977

よく似た災害

昭和17年8月の台風

昭和17年(1942)8月27日、台風が九州西方近海から長崎県北西部をかすめて日本海に入った。26日~28日に大雨があり、引き続き小台風が31日高知付... 続きを読む

昭和17年8月の台風

昭和17年(1942)8月27日、台風が九州西方近海から長崎県北西部をかすめて日本海に入った。26日~28日に大雨があり、引き続き小台風が31日高知付... 続きを読む

明治37年の台風

明治37年(1904)8月31日、台風が室戸岬に上陸し、県内を通り姫路に北上した。強風はなかったが、日雨量が350ミリに達した所があった。干天が続いた... 続きを読む

昭和38年の台風3号

昭和38年(1963)6月13日22時頃、台風3号が宿毛市付近に上陸し北東進した。本県では13時頃から風雨が強くなり、4日6時におさまった。雨量は中部... 続きを読む

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月15日、台風が土佐湾を北西進して足摺から上陸したため、豪雨となり、特に中央嶺で多く、3日間で1,000ミリを越えた。高知市内等... 続きを読む