昭和20年の枕崎台風

災害年月日
1945年09月17日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)9月17日14時40分、台風が鹿児島県枕崎に上陸した。徳島県では16日遅くから降雨が始まり、17日で終わった。雨量はそれ程でなかったが、風は強くかつ長時間にわたったので、被害を増加したものと見られる。なお、吉野川は上流高知県の雨量が大きかったので記録的な最大洪水となり、池田9.3m、岩津7.6m、新町5.1mの水位を記録した。被害は死者44人、負傷者18人、行方不明3人徳島、家の全壊1,165戸、半壊1,417戸、流失30戸、床上浸水1,536戸、床下浸水1,324戸等に及んだ。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、91頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
枕崎台風 吉野川 洪水 死者
NO.
徳島7983

よく似た災害

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日14時40分、台風が鹿児島県枕崎に上陸した。徳島県では16日遅くから降雨が始まり、17日で終わった。雨量はそれ程でなか... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日14時40分、台風が鹿児島県枕崎に上陸した。徳島県では16日遅くから降雨が始まり、17日で終わった。雨量はそれ程でなか... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)、枕崎台風により、徳島の雨量は9月16日・17日の両日で350~400ミリ程度であったが、上流の高知県の雨量が多かったので大洪水... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が来襲し、雨量はそれほどでもなかったが、風が強く長時間にわたったため被害が増加したものと見られる。この暴風雨... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風による風が強く、戦後急ごしらえで建てられた徳島市内の仮小屋はほとんど倒壊した。また、上流の高知県の雨量が多か... 続きを読む