寛文5、6年の干ばつ

災害年月日
1665年00月00日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
渇水  
概要
寛文5年(1665)、6年(1666)、二年続きの干ばつで、飢人が多く出たので大阪御蔵から拝借米をした。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「内海町史」(内海町、1974年)、488頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川792

よく似た災害

寛文5、6年の干ばつ

寛文5年(1665)、6年(1666)、二年続きの干ばつで、飢餓人多く、大坂御蔵から拝借米。 続きを読む

寛文6年の干ばつ

寛文6年(1666)、小豆島で干ばつ。2年続きの干ばつで飢多く、幕府上米拝借。 続きを読む

寛文6年の干ばつ

寛文6年(1666)、小豆島で干ばつ。2年続きの干ばつで、飢え多く幕府より上米拝借。 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)5月から3ヶ月間、大干ばつが続いた。稲は枯れ、収穫皆無の所が多かった。数年来の不作続きの上、この干ばつにより、百姓は窮乏を極め、拝... 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、阿波国、干ばつで、御地高131,900石御損毛。(「阿淡年表秘録」による)この明和の不作に板野郡板東村の百姓一同が窮乏のため拝借... 続きを読む