昭和31年のバブス台風

災害年月日
1956年08月16日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和31年(1956)8月16日夜、台風9号(バブス台風)が九州の西岸を通り、17日朝山口県沖を北東進した。徳島県の風雨は16日夜から17日昼過ぎまで15~20時間続き、祖谷川が多雨で400ミリを越えたところもあるが、一般に少なく雲早連山でも200ミリに達しなかった。被害は床下浸水5戸、冠水田2町、冠水畑2町、道路3箇所、橋流失1箇所であった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、112-113頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
バブス台風
NO.
徳島8007

よく似た災害

昭和31年のバブス台風

昭和31年(1956)8月16日夜、台風9号(バブス台風)が九州の西岸を通り、17日朝山口県沖を北東進した。徳島県の風雨は16日夜から17日昼過ぎまで... 続きを読む

昭和31年のバブス台風

昭和31年(1956)8月16日夜、台風9号(バブス台風)が九州の西岸を通り、17日朝山口県沖を北東進した。徳島県の風雨は16日夜から17日昼過ぎまで... 続きを読む

昭和34年7月の大雨

昭和34年(1959)7月13日夜から15日にかけて、前線による雨が降り続いたが、最多地の剣山で331ミリのほかは割に少なく、県の北半では100ミリ以... 続きを読む

昭和34年7月の大雨

昭和34年(1959)7月13日夜から15日にかけて、前線による雨が降り続いたが、最多地の剣山で331ミリのほかは割に少なく、県の北半では100ミリ以... 続きを読む

昭和34年7月の大雨

昭和34年(1959)7月13日夜から15日にかけて、前線による雨が降り続いたが、最多地の剣山で331ミリのほかは割に少なく、県の北半では100ミリ以... 続きを読む