文化3年の干ばつ

災害年月日
1806年07月00日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
渇水  
概要
文化3年(1806)6月島内干ばつで困窮したので、7月草加部村庄屋や橘村年寄らは、島の最高峰星ヶ城峯の樹木を守って干ばつを防ぐため、西峯に阿豆枳神社、東峯に豊受大神宮を再興した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「内海町史」(内海町、1974年)、491-492頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 草加部 橘
NO.
香川797

よく似た災害

寛永3年の干ばつ

image

寛永3年(1626)閏4月7日、大風雨、4月から7月中旬まで雨が降らず、餓死者が続出した。(「弘化録」による)/干ばつの被害を防ぐためには農業用水の確... 続きを読む

文化3年の干ばつ

文化3年(1806)、吉野川北岸でひどい干ばつに見舞われた。この干ばつを契機に、芝生村庄屋助役の山本新太夫らは河内谷から水を引く三村用水を完成させた。... 続きを読む

寛文3年の干ばつ

寛文3年(1663)、干ばつのため、物成三分の一不納なり。(「松山叢談」による)7月、大干ばつのため、不作。(「新居郡誌」による) (註)九州及び江戸... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつ。この年の干ばつを契機に、平田平七は同年12月に宝池の増築に着手し、翌年5月に竣工した。 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)7月8日より8月にかけて干ばつのため降雨なく、農作物被害。 続きを読む