慶応3年の干ばつ

災害年月日
1867年00月00日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
渇水  
概要
慶応3年(1867)11月、草加部村、福田村等は相次ぐ干ばつのため、年貢の米納を止めて、全部銀納とするよう代官に願い出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「内海町史」(内海町、1974年)、494頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 草加部 福田
NO.
香川800

よく似た災害

慶応3年の干ばつ

慶応3年(1867)11月、相次ぐ干ばつのため、福田・吉田及び内海の各村が連名で、「年貢を金銀納にしてほしい」と代官に請願した。 続きを読む

安政2年の干ばつ

image

安政2年(1855)、大干ばつとなった。この年、三島、中曽根、松柏等の庄屋たちが、銅山川の分水を三島の代官所(今治藩領)に願い出た。 続きを読む

寛政11年の干ばつ

寛政11年(1799)6月以降、100日近くも干天が続き、中田井村の庄屋が雨乞い祈祷と牛飼い角力奉納を丸亀藩に願い出た。(一の谷土地改良区資料による)... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)に発生した大地震により海岸部の大手堤が決壊したため、答島村の農民は修復工事を再三にわたって藩に願い出た。願いが聞き入れられないと判... 続きを読む

天保7年の長雨

天保7年(1836)4月から8月まで雨天続きで田方は大損耗をした。伊予松山藩の預かり地であった草加部・福田・大部3ヶ村は、12月同藩に対して、年貢全部... 続きを読む