昭和38年の長雨

災害年月日
1963年04月00日
市町村
徳島県
災害種類
その他(長雨)  
概要
昭和38年(1963)4月下旬~6月中旬、曇雨天が続き、農作物、特に麦類への影響が大きかった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、134頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
徳島8022

よく似た災害

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月下旬~6月中旬、曇雨天が続き、農作物、特に麦類への影響が大きかった。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月下旬~6月中旬、曇雨天が続き、農作物、特に麦類への影響が大きかった。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)春、長雨により、農作物への被害は近年になく大きかった。 続きを読む

明治40年の洪水

明治40年(1907)9月、山口県を通り日本海に抜けた台風は、降雨時間が長く雨量も多く、また出水中、風が強く、波浪の影響が大きかった。 続きを読む

昭和31年の長雨

昭和31年(1956)5月22日、南方海上を低気圧が通過して梅雨に入り、曇雨続きとなり、雨量は平年の2倍以上で麦類の収穫に影響した。 続きを読む