昭和39年の大雪

災害年月日
1964年02月24日
市町村
徳島県
災害種類
雪害  
概要
昭和39年(1964)2月24日、低気圧が四国沖を通過したため大雪となった。県下のバスは麻痺状態となり、促成野菜に大きな被害があった。25日9時までの積雪は川井で30cm、福原旭で20cmであった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、140頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
徳島8026

よく似た災害

昭和39年の大雪

昭和39年(1964)2月24日、低気圧が四国沖を通過したため大雪となった。県下のバスは麻痺状態となり、促成野菜に大きな被害があった。25日9時までの... 続きを読む

昭和39年の大雪

昭和39年(1964)2月24日、低気圧が四国沖を通過したため大雪となった。県下のバスは麻痺状態となり、促成野菜に大きな被害があった。25日9時までの... 続きを読む

昭和26年の大雪

昭和26年(1951)2月14日、豪雪により、島内の県道・主要道路が不通となり、農作物に大きな被害があった。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月下旬から5月末まで、梅雨時期のような曇雨天となり、長雨により麦、タバコ、野菜などに大きな被害があった。 続きを読む

昭和63年の大雪

昭和63年(1988)11月25日から27日にかけて、積雪が20~60cmとなり、立木に大きな被害が出た。被害額は約10億円。 続きを読む