昭和44年3月の大雪

災害年月日
1969年03月12日
市町村
徳島県
災害種類
雪害  
概要
昭和44年(1969)3月12日午前、低気圧が発達しながら四国沖を通ったため大雪となった。陸海空の交通のダイヤは運休などで乱れるとともに、ビニールハウスの全・半壊により農作物にも被害が出た。12日9時の積雪は池田42cm、芝生29cm、穴吹15cm、岩倉41cmであった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、171頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 低気圧 交通混乱
NO.
徳島8045

よく似た災害

昭和44年3月の大雪

昭和44年(1969)3月12日~13日、台湾付近に発生した低気圧が急速に発達しながら四国沖を通ったため大雪となった。交通網が乱れるとともに、ビニール... 続きを読む

昭和44年3月の大雪

昭和44年(1969)3月12日午前、低気圧が発達しながら四国沖を通ったため大雪となった。陸海空の交通のダイヤは運休などで乱れるとともに、ビニールハウ... 続きを読む

昭和44年3月の大雪

昭和44年(1969)3月12日午前、低気圧が発達しながら四国沖を通ったため大雪となった。陸海空の交通のダイヤは運休などで乱れるとともに、ビニールハウ... 続きを読む

昭和59年の大雪

昭和59年(1984)1月30日~31日、大雪により、ビニールハウスの破壊、農作物に被害発生。被害額891万円余。(小松町役場資料による) 続きを読む

昭和59年1月の大雪

昭和59年(1984)1月30日~31日、大雪により、ビニールハウスが壊れ、農作物に被害が発生。(西条市自然災害年表による) 続きを読む