昭和6年の台風

災害年月日
1931年09月18日
市町村
香川県内海町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和6年(1931)9月18日暴風雨、島一帯被害大。特に福田村に集中豪雨、山津波が起こった。死者5人、重軽傷者15人、家屋流失17戸、倒壊・半壊45戸、橋流失7箇所、田埋没13町、畑6町、山林10町、宅地2町、道路、堤防、石切場等の被害大であった。
Googleマップ
備考
福田の山ノ神神社境内に、災害復旧砂防工事碑が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「内海町史」(内海町、1974年)、502頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 集中豪雨 福田 山津波 死者
NO.
香川809

よく似た災害

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月8日20時10分頃、台風18号と前線により、風雨が強かった。総雨量は徳島266.5ミリ、剣山231.5ミリ、穴吹185.5ミ... 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月8日20時10分頃、台風18号と前線により、風雨が強かった。総雨量は徳島266.5ミリ、剣山231.5ミリ、穴吹185.5ミ... 続きを読む

昭和13年の台風

昭和13年(1938)9月5日、台風により山分地方と鮎喰川沿岸地方一帯は洪水により大きな被害を受けた。被害は、上分上山村で死者3人、行方不明3人、家屋... 続きを読む

昭和6年の台風

昭和6年(1931)9月18日、暴風雨により全島に被害。特に福田村では死者5人、重軽傷者15人、家屋流失倒半壊62戸、田畑被害大。西村の被害は軽微。 続きを読む

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月16日~19日の台風14号により、県下の被害は死者4人、負傷者7人、家屋の全壊12戸、半壊8戸、流失1戸、床上浸水127戸、... 続きを読む