昭和8年の干ばつ

災害年月日
1933年08月00日
市町村
香川県内海町
災害種類
渇水  
概要
昭和8年(1933)8月、干ばつ。農作物は40年来の不作で稲作は収穫皆無の田地300町歩に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「内海町史」(内海町、1974年)、503頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川810

よく似た災害

昭和8年の干ばつ

昭和8年(1933)8月、干ばつ。農作物は40年来の不作で、島内稲作の収穫皆無の田地は300町歩に及んだ。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつのため、8月に陸軍が200発の実弾射撃をして雨乞い。稲作収穫皆無の田地も多大。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつにより、稲作の収穫が減収し、中には皆無の田地もあった。 続きを読む

昭和19年の干ばつ

昭和19年(1944)7月~8月、干天、少雨のため、農作物の被害が多く出た。作付不能の田畑が多く、小海村の別惣地区の田畑は収穫皆無となった。(香川県、... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日から8月15日まで雨がなく、井水は涸れ、稲が枯死して収穫皆無の田地ができた。 続きを読む