昭和50年3月の風雨

災害年月日
1975年03月20日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)3月20日、低気圧が日本海を発達しながら通過したため、風雨が強まった。20日10時40分頃、吉野川河口付近でクレーン船(200トン)が転覆し、1人負傷、1人行方不明となった。海上では風波が高く、船便の欠航が相次いだ。また、鳴門海峡一帯の養殖ワカメが強風のため流失する等、海産物に被害が出た。穴吹で日降水量は100ミリ、総降水量は120ミリであった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、206頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 低気圧 吉野川 クレーン船転覆
NO.
徳島8084

よく似た災害

昭和50年3月の風雨

昭和50年(1975)3月20日、低気圧が日本海を発達しながら通過したため、風雨が強まった。20日10時40分頃、吉野川河口付近でクレーン船(200ト... 続きを読む

昭和50年3月の風雨

昭和50年(1975)3月20日、低気圧が日本海を発達しながら通過したため、風雨が強まった。20日10時40分頃、吉野川河口付近でクレーン船(200ト... 続きを読む

昭和47年2月26日の風雨

昭和47年(1972)2月26日、二つ玉低気圧が発達しながら通過したため風雨が強まり、川上では日降水量187ミリを記録した。このため、鳴門海峡の養殖ワ... 続きを読む

昭和47年2月26日の風雨

昭和47年(1972)2月26日、二つ玉低気圧が発達しながら通過したため風雨が強まり、川上では日降水量187ミリを記録した。このため、鳴門海峡の養殖ワ... 続きを読む

昭和47年2月26日の風雨

昭和47年(1972)2月26日、二つ玉低気圧が発達しながら通過したため風雨が強まり、川上では日降水量187ミリを記録した。このため、鳴門海峡の養殖ワ... 続きを読む