昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月14日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和45年(1970)8月14日、台風10号来襲、橘・当浜間県道でがけ崩れがあった。農作物の被害も大であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「内海町史」(内海町、1974年)、510頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 崖崩れ
NO.
香川823

よく似た災害

昭和30年の台風23号

昭和30年(1955)10月4日、台風23号により、三崎半島の海岸でがけ崩れがあった。佐田岬の最大風速は東南東40.4m/sであった。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月14日、台風10号が来襲し、安田~福田間でがけ崩れのため道路不通となった。西村では農作物に被害があった。 続きを読む

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月24日、台風20号による雨のため、道路決壊、がけ崩れ、農作物の被害大。(「大野見村史」による) 続きを読む

昭和35年の台風16号

昭和35年(1960)8月29日、台風16号来襲。オリーブの被害大、家屋、道路、船舶、山崩れ等の被害も大であった。 続きを読む

寛政3年の風雨

寛政3年(1791)7月、8月に大雨風があり、農作物に被害があった。前年は大干ばつで農作物の被害が甚大で、翌年も大干ばつと洪水が重なり、3年連続の被害... 続きを読む