昭和52年11月の大雨

災害年月日
1977年11月12日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和52年(1977)11月12日~17日、四国の南岸に前線が停滞し、16日には前線上を低気圧が通過したため、徳島で1,345ミリの降雨があった。11月としては異例の降水量で、気象台開設以来の記録となった。このため、海空の交通が麻痺した。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、216頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 前線 低気圧 交通麻痺
NO.
徳島8102

よく似た災害

昭和52年11月の大雨

昭和52年(1977)11月12日~17日、四国の南岸に前線が停滞し、16日には前線上を低気圧が通過したため、徳島で1,345ミリの降雨があった。11... 続きを読む

昭和52年11月の大雨

昭和52年(1977)11月12日~17日、四国の南岸に前線が停滞し、16日には前線上を低気圧が通過したため、徳島で1,345ミリの降雨があった。11... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)7月26日~8月31日、大干ばつにより、県下の降水量は微量で、水不足のため稲作及び農作物等に甚大な被害があった。松山では37日間... 続きを読む

昭和32年7月の大雨

昭和32年(1957)7月2日~3日、梅雨前線の影響により多量の降雨があり、波止浜で時間雨量56.1ミリ、今治及び大洲を中心として100ミリを突破した... 続きを読む

昭和42年6月の干ばつ

昭和42年(1967)6月、梅雨入りは平年より1週間程遅れ、大きな雨もなく、徳島の降水量は47.5ミリ(平年の23%)で、気象台開設以来少雨第一位の記... 続きを読む