昭和57年9月の山火事

災害年月日
1982年09月04日
市町村
徳島県鳴門市
災害種類
火災  
概要
昭和57年(1982)9月4日夕方、鳴門市大津町の大代山から出火した山火事は、2昼夜にわたって燃え続け、6日夕方に48時間ぶりに鎮火した。焼失面積は117haにのぼり、戦後最大の規模になった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、239頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事 大代山
NO.
徳島8126

よく似た災害

昭和57年9月の山火事

昭和57年(1982)9月4日夕方、鳴門市大津町の大代山から出火した山火事は、2昼夜にわたって燃え続け、6日夕方に48時間ぶりに鎮火した。焼失面積は1... 続きを読む

昭和59年4月14日の山火事

昭和59年(1984)4月12日午後、半田町で燃え始めた山火事は13日正午頃一旦鎮火したが、14日未明に再び燃えだし、雑木林など7haを焼いて14日夕... 続きを読む

昭和59年4月14日の山火事

昭和59年(1984)4月12日午後、半田町で燃え始めた山火事は13日正午頃一旦鎮火したが、14日未明に再び燃えだし、雑木林など7haを焼いて14日夕... 続きを読む

昭和3年の山火事

昭和3年(1928)2月25日、吉良川で焼失面積700町歩の山火事が発生。村民総出動で消火に努め、26日に鎮火した。 続きを読む

昭和59年3月30日の山火事

昭和59年(1984)3月30日10時15分頃、土成町宮川内の通称落鞍山から出火した山火事は、風にあおられて燃え広がり5時間30分にわたって燃え続けた... 続きを読む