昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月08日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月8日、台風17号による集中豪雨に襲われ、町内全域で山津波、山崩れによる土石流、急傾斜地の崩壊、河川の決壊などが発生し、多数の死傷者、家屋の倒壊、浸水など未曾有の大災禍となった。真光寺は御本堂北側の石垣が崩れ、大伽藍が傾き、屋根瓦がずれるなどの被害を被った。(真光寺境内の「復興記念碑」の碑文による)
Googleマップ
備考
馬木の真光寺境内に、復興記念碑が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
内海町教育委員会編「内海町の碑文集」(内海町教育委員会、1987年)、41頁
情報源の種類
その他文献
キーワード
台風 集中豪雨 死者 真光寺 復興記念碑
NO.
香川835

よく似た災害

慶安2年の地震

image

慶安2年(1649)、地震のため、松山城の石垣が崩れた。 続きを読む

昭和25年・26年の台風

昭和25年(1950)、26年(1951)、台風により、山崩れが起こり、増川校の運動場が流失し、校舎の石垣が崩れて教室の床が傾いた。 続きを読む

慶安2年の地震

image

慶安2年(1649)2月5日、伊予、安芸を震源とするM7.1の地震により、松山城の石垣約36m、塀約55mが崩れ、侍屋敷、町家少々潰れる。宇和島城の石... 続きを読む

慶安2年の地震

image

慶安2年(1649)2月5日、宇和郡の地大に震う。(「郡鑑覚書」による)宇和島城の石垣が崩れる。 続きを読む

元禄2年5月20日の風雨

元禄2年(1689)5月20日、風雨のため、大洲枡形の樋の口の石垣が崩れた。(「伊予風水害小史(力石本家譜)」による) 続きを読む