昭和59年3月30日の山火事

災害年月日
1984年03月30日
市町村
徳島県阿波市(土成町)
災害種類
火災  
概要
昭和59年(1984)3月30日10時15分頃、土成町宮川内の通称落鞍山から出火した山火事は、風にあおられて燃え広がり5時間30分にわたって燃え続けた。この火事で檜林など53haを焼いて31日午後3時45分に鎮火した。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、248頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事 土成町宮川内 落鞍山
NO.
徳島8134

よく似た災害

昭和59年3月30日の山火事

昭和59年(1984)3月30日10時15分頃、土成町宮川内の通称落鞍山から出火した山火事は、風にあおられて燃え広がり5時間30分にわたって燃え続けた... 続きを読む

昭和57年9月の山火事

昭和57年(1982)9月4日夕方、鳴門市大津町の大代山から出火した山火事は、2昼夜にわたって燃え続け、6日夕方に48時間ぶりに鎮火した。焼失面積は1... 続きを読む

昭和57年9月の山火事

昭和57年(1982)9月4日夕方、鳴門市大津町の大代山から出火した山火事は、2昼夜にわたって燃え続け、6日夕方に48時間ぶりに鎮火した。焼失面積は1... 続きを読む

昭和63年12月の山火事

昭和63年(1988)12月15日午後、宍喰町久尾の標高900mの町有林から出火し、火は強い季節風に煽られて燃え広がり、杉や檜などの植林約30haを焼... 続きを読む

昭和63年12月の山火事

昭和63年(1988)12月15日午後、宍喰町久尾の標高900mの町有林から出火し、火は強い季節風に煽られて燃え広がり、杉や檜などの植林約30haを焼... 続きを読む