昭和63年12月の山火事

災害年月日
1988年12月15日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町、海南町)
災害種類
火災  
概要
昭和63年(1988)12月15日午後、宍喰町久尾の標高900mの町有林から出火し、火は強い季節風に煽られて燃え広がり、杉や檜などの植林約30haを焼いた。火はさらに尾根を越えて燃え広がり、海南町相川の上皆津地区に延焼し、杉林など約30haを焼失、合計60haを焼いて、16日11時15分に鎮火した。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、277頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事 宍喰町久尾 海南町相川
NO.
徳島8152

よく似た災害

昭和63年12月の山火事

昭和63年(1988)12月15日午後、宍喰町久尾の標高900mの町有林から出火し、火は強い季節風に煽られて燃え広がり、杉や檜などの植林約30haを焼... 続きを読む

昭和59年4月13日の山火事

昭和59年(1984)4月13日午前9時頃、日和佐町山河内の山林で枯れ草焼きから燃え広がった火が強風にあおられて燃え広がり、夕方までに杉、檜などの初齢... 続きを読む

昭和59年4月13日の山火事

昭和59年(1984)4月13日午前9時頃、日和佐町山河内の山林で枯れ草焼きから燃え広がった火が強風にあおられて燃え広がり、夕方までに杉、檜などの初齢... 続きを読む

昭和59年3月30日の山火事

昭和59年(1984)3月30日10時15分頃、土成町宮川内の通称落鞍山から出火した山火事は、風にあおられて燃え広がり5時間30分にわたって燃え続けた... 続きを読む

昭和59年3月30日の山火事

昭和59年(1984)3月30日10時15分頃、土成町宮川内の通称落鞍山から出火した山火事は、風にあおられて燃え広がり5時間30分にわたって燃え続けた... 続きを読む