平成元年4月の霜害

災害年月日
1989年04月29日
市町村
徳島県
災害種類
その他(霜害)  
概要
平成元年(1989)4月29日、放射冷却による気温低下のため晩霜が降りた。最低気温は東祖谷山損京上で、6時に-0.1度を観測した。県西部の山城町や西祖谷山村などの山間部では、この晩霜により発芽期に入った茶葉に被害を受けた。被害面積は30haであった。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、280頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
霜害 放射冷却 山城町 西祖谷山村
NO.
徳島8154

よく似た災害

平成元年4月の霜害

平成元年(1989)4月29日、放射冷却による気温低下のため晩霜が降りた。最低気温は東祖谷山損京上で、6時に-0.1度を観測した。県西部の山城町や西祖... 続きを読む

平成元年3月の風雨

平成元年(1989)3月3日から4日にかけて、風雨が強まった。総降水量の最大は宍喰で214ミリで、日降水量の最大は東祖谷山村京上で4日に101ミリを観... 続きを読む

平成元年3月の風雨

平成元年(1989)3月3日から4日にかけて、風雨が強まった。総降水量の最大は宍喰で214ミリで、日降水量の最大は東祖谷山村京上で4日に101ミリを観... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日~15日、ルース台風(台風15号)により、三好郡の山狭地帯、特に山城谷、祖谷などでは突風があり、住家の倒壊、人の死傷... 続きを読む

平成元年の雷雨

平成元年(1989)8月30日、低気圧が発達しながら日本海を通過したため、早朝から雷を伴って激しい雨が降った。総降水量は東祖谷山村京上で153ミリを観... 続きを読む